スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

スキップフロアのお家上棟

つい先日、神戸のとあるところに建築中のお家が上棟しました。
スキップフロアのお家です。


スキップフロア1


北側斜線の影響で、建物の半分の高さを低くしたことによって、スキップフロアになりました。
そのお陰で、下がっている部分の天井の高さがいつもより、低い!!


スキップフロア2


梁の下で2.1mです。
建築基準法の居室の天井高さの最低寸法キープです。
個人的には後15cmほど、下げたいところですが、前述の規定と、お施主さんの身長も高いので・・・。

床梁の高さが違うことも、普段の構造検討よりは少し複雑ですが、この建物の一番の難所は屋根の梁の組み方でした。

屋根は登梁で構成されていますが、寄棟屋根部分の組み方を検討するのに苦労しました。
登隅木に対して、勾配のついた梁や、水平梁が結合されています。

プレカット屋さんが、「う~ん・・・現場合わせですね~。」というと、
工務店の監督さんが、「えっ」と言います。

なんとか、一箇所を除いて全てプレカットで対応してもらえました。
とても綺麗です・・・。


スキップフロア3 スキップフロア4


仕上げで隠れてしまう梁も多くあるので、木架構の美しさを味わえるのは、この上棟の日が一番です。
いや~実にもったいない


スキップフロア5
きょ~れつに挟まれています。
あの真ん中の木は皆に押さえ込まれて、苦しいのでしょうか?
それとも、皆に頼られて幸せでしょうか?

ボクはどちらでもない気がします。
ただ自分の役割を果たしているだけだという男気(木)を感じます・・・。




ブログランキングに参加中です。
読み終わったら1クリックのご協力お願いします★





スポンサーサイト

テーマ : 建築デザイン - ジャンル : 学問・文化・芸術

2010/04/28 19:52 | 新築物件COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP |  NEXT»»
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。