スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

グエル公園 2 =Parc Guell 2=

グエル公園の工事が順調に進む中、ガウディの最も尊敬するカタルーニャの聖職者の中心的存在であるトーラスという人物が訪れました。


グエル公園8


そして、ガウディと共に園を一回りして、トーラスは言いました。

「建築というものは建築家自身なのですね。豊かな自然をお与えくださった神を尊ぶあなたの信仰心が伝わってくる。丘陵という地形を実によく生かした楽しい空間です。」


グエル公園11


ガウディの作品は時期的、地方主義的、曲線を多用した装飾など、一般的にはモデルニスモの建築家として分類されるが、カサ・バトリョやグエル公園で見せた生命の表現など、個性的な部分が多いため、容易にモデルニスモの建築家とは言い切れないところもあります。
ある意味バルセロナの建築界の主流から疎外された立場であったから、オリジナルを模索しやすかったのではないだろうか。


グエル公園10


そんなガウディとグエルの夢のグエル公園も、資金難により60棟の分譲住宅のうち2棟を完成させた時点で中止せざるをえなくなりました。

当初は繊維業者のブルジョアたちが分譲住宅を購入するであろうと見越していたが、米西戦争に敗北して繊維業者たちは輸出先を失い、分譲地を購入する余力がなくなってしまったのでした。

この事業が失敗した要因は、バルセロナの中心から遠かったことや、この時代には新しいことをやり過ぎたためだとも言われています。

完成した2棟のうち1棟はガウディのお父さんが住み、もう1棟は弁護士が購入しました。


グエル曰く
「多くのお金を投じたけども、私は失敗したとは思っていません。
バルセロナの景観をよくするために良いお金の使い方をしたと思っています。
この場所は永遠にバルセロナの楽園になってくれるはずです。」


グエル公園19


グエル公園18


そして、分譲住宅の建築は中止しましたが、公園の工事は継続されました。

グエルの言葉通り、今も多くの人たちの楽園になっています。
どんな形であれ多くの情熱をそそぎ込んだものは、きっとその思いを継承していかなくてはならないのだと思います。

さすが、情熱の国スペインですね。


グエル公園5
<グエル公園、広場からの眺め。遠くにサグラダ・ファミリアも見える>




読み終わったら押してくださいね。
押すとボクのブログのランキングが
上がります。





スポンサーサイト

テーマ : 建築デザイン - ジャンル : 学問・文化・芸術

タグ : バルセロナ建築

2009/12/06 21:50 | スペイン建築COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。