スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

ベネチオ・デル・トロ

ようやく見ました。
ずっと見ようと思っていた映画

チェ・ゲバラ4

チェ・ゲバラ3

「チェ28歳の革命」「チェ39歳 別れの手紙」です。
ゲバラの本名は、エルネスト・ラファエル・ゲバラ・デ・ラ・セルナ。

チェというのは「やあ」というアルゼンチンのスペイン語の方言で、「チェ(やあ)、エルネスト・ゲバラだ。」という挨拶をキューバ人がおもしろがってチェ・ゲバラというあだ名を付けました。

そして、この映画でゲバラ役を演じたのは、ベニチオ・デル・トロ
とても好きな俳優の一人です。

ベニチオ・デル・トロ


なんとも言えない渋さがいいです。
ちょっと悪そうな目つきと、病弱そうな目つきが入り混じっている感じが震えます。

彼の出演作品は「バスキア」「スナッチ」「21g」「シン・シティ」などです。
毎回いい味を出していますが、今回のゲバラはそれらを上回る、ハマリ役でした。

ウィキペディア情報では、
映画「21g」の日本に宣伝に来たときは「トロ様」と呼ばれたそうです。
趣味は怪獣のフィギュアを集めること・・・みたいです。

ゲバラの映画の内容は淡々としていましたが、キューバ革命~ボリビアでの闘争を忠実に再現しているのだと感じます。

彼の言葉に
「ある日の真実が、永遠の真実ではない。」とあります。

チェ・ゲバラ1


何を真実と考えるのか、何に信念を持つのか
信念によって真実は変わるのか

ゲバラはどう考えたのでしょうか

そう考えている横で、
嫁が「エバラ!エバラ!」と楽しんでました・・・



読み終わったら押してくださいね。
押すとボクのブログのランキングが
上がります。




スポンサーサイト

テーマ : e俳画 - ジャンル : 学問・文化・芸術

タグ : 映画

2010/01/13 22:00 | 映画COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。