スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

モンジュイック・タワー =TORRE DE MONTJUÏC=

ミロ美術館と同じく、バルセロナオリンピックのメイン会場となった、モンジュイックの丘にある電話通信機能を備えるシンボルタワー。

設計はサンティアゴ・カラトラバ


モンジュイック・タワー2


構造家としても有名で多くの橋の設計も行っています。
白を貴重とした構造物が多く、彼の造りだすものには、爽快感と近未来感が漂っています。

このモンジュイック・タワーも高度な構造計算によって建てられ、有機的なフォルムを白い細やかなタイルで覆っています。
日時計としても使われており、この塔の軸傾斜は夏至の太陽角度により設計されています。

ここモンジュイックの丘には、ミロ美術館や、モンジュイック・タワー、磯崎新設計のサン・ジョルディ・スタジアムなど、有名建築が揃っています。

すごく綺麗なフォルムのこのモンジュイック・タワーは夏至の太陽角度とかではなく、宇宙人と交信しているのだと思います。


モンジュイック・タワー1


設計:サンティアゴ・カラトラバ   施主:矢追純一

夢のコラボレーションです




ブログランキングに参加中です。
読み終わったら1クリックのご協力お願いします★




スポンサーサイト

テーマ : 建築デザイン - ジャンル : 学問・文化・芸術

タグ : バルセロナ建築

2010/02/26 07:31 | スペイン建築COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。