スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

トマールのキリスト修道院 =Convento de Cristo em Tomar=

ポルトガルにトマールというところがあります。
ここには世界遺産登録を受けたキリスト修道院があります。


トマール1


この日はリスボンの空港からバルセロナに戻る予定だったので、ポルトからリスボンに向かう途中に電車を降りて、少し寄り道してみようといった感じでした。


ポルトガル地図


1、2時間ぐらいの滞在だったので、ほとんど街並みを見ることはできなかったのですが、このキリスト修道院だけは見ておくことにしました。

ポルトガルの旅で同伴していたアイスマンは一日早い便でバルセロナに帰らなければならなかったので、久々に一人でゆっくりできたところでもありました。

まず、トマールの駅を降りて、重い荷物をロッカーに入れておこうと探しましたが、見当たらず駅員に聞くと
「そんなものはない」と一蹴されました。

そしたらここで預かってくれと頼むと、渋い顔で「どのくらいの間だ」と聞かれました。
「2、3時間です。お願いします。」と応えると、
「2時間か3時間かどっちだ」と聞き返してきました。
「2時間半お願いします」と言うとようやく駅員室の片隅に置いてくれました。

日本では絶対にありえないことですが、ヨーロッパではありえないことがかなり少ない・・・結構なんとかしてくれます。

一路、修道院を目指して歩きます。
高台にあったので、街を抜けて丘を登ります。


トマール2


そしてその丘の途中から、トマールの街を見下ろすと、リスボンやポルトやコインブラとは違う、なんとものどかな街並みが広がっていました。
立ち寄って良かった・・・。


トマール3


到着。
キリスト修道院-1160年から17世紀にかけて騎士団の拠点になりながらも増築等を重ねて、現在の状態になりました。


トマールキリスト修道院1


長年の可変により、ロマネスク建築、ゴシック建築、マヌエル建築、ルネサンス建築といった様々な建築様式が見られます。


トマールキリスト修道院3


トマールキリスト修道院2


トマールキリスト修道院6 トマールキリスト修道院5


トマールキリスト修道院4 トマールキリスト修道院7


細部に至るまで、美しさを追求した繊細な建物です。
でも一番、美しいと思ったのは、騎士団や修道女が暮らしていたらしき部屋。


トマールキリスト修道院8


何もない部屋・・・。
漆喰で塗り固められた壁の一部のアルコーブにベンチが一体となり、その天井部分に申し訳程度の装飾があるだけでした。

この窓の光で聖書を読んでいたのでしょうか
それとも外の街の賑わいを想像していたのでしょうか?
建築と一体になった、用が集約した空間はなんとも神秘的です。

そしてトマール駅に戻り、駅員さんに預けていた荷物を取りに行きました。
すると楽しそうにカードゲームか何かしていました。

そのうちの一人がそこに置いてあるという仕草をして会釈してくれました。
Muito Obrigado(ムイント・オブリガド=とてもありがとう

これが一番良く使ったポルトガル語です。
みんなが「ありがとう」とたくさん言える環境は本当に素晴らしいと思いました。



ブログランキングに参加中です。
読み終わったら1クリックのご協力お願いします★





スポンサーサイト

テーマ : 建築デザイン - ジャンル : 学問・文化・芸術

タグ : トマール建築

2010/03/17 19:02 | ポルトガル建築COMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

毎日楽しく拝見していますv-22
当たり前ですが、太陽公園とはえらい違いですねv-10
いつか、私も建築を学びにポルトガルを訪ねる予定ですので、その節はどうぞよろしくお願いします。

No:97 2010/04/21 21:23 | またんご #- URL [ 編集 ]

ありがとうございます。
太陽公園・・・施設の用途は素晴らしいですよ。
ポルトガル是非行って下さい。
何か力になることがあれば、お気軽に。

No:98 2010/04/21 21:59 | ToruTakamiya #- URL編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。