スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

ポブレ修道院 =Monasterio de Poblet=

12世紀~13世紀にかけて建てられた、タラゴナにあるシトー会修道院。
南仏のフォンフロワド修道院というところの修道士によって建設されたそうです。


ポブレ修道院3


修道士ではなく、修道建築士ですね。
シトー会の理想的なプランによって設計されたため、スペイン建築の特色はあまりみられませんでしたが、
規模の大きさは圧巻でした。


ポブレ修道院4


ヨーロッパではカテドラルを見過ぎて、お腹いっぱいになりましたが、カテドラルに溢れる光の分布だけは、何度訪れても新鮮な気持ちにさせてくれます。


ポブレ修道院5 ポブレ修道院2



屋外にいると、まず太陽の光の色を感じることはありません。
家の中にると、光が入っていることは感じますが、色はと聞かれると何色か答えることができません。

カテドラルの光ははっきりと白色だと言い切れるほどに、白い。
それも無彩色でありながら、より鮮やかな白といった感覚。
とても不思議な白。
美しい白。


ポブレ修道院8





読み終わったら押してくださいね。
押すとボクのブログのランキングが
上がります。




スポンサーサイト

テーマ : 建築デザイン - ジャンル : 学問・文化・芸術

2010/06/17 02:29 | スペイン建築COMMENT(4)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

すてきです!
ゴシック建築、大好きです!
奥におくほど、くらーくなって、バラバドが神秘的に。
いいですね!

No:114 2010/06/17 10:22 | mana #LTqVxyto URL編集 ]

ゴシック

スケールが違いすぎて、申し訳ないのですが、明治村が頭によぎります。上へ上へ!!

No:115 2010/06/17 19:15 | matasan #- URL [ 編集 ]

matasan

いやいや明治村も素晴らしいではないですか!
教会建築もですが、一番心に残ったのは、木造3階建の町屋ですね。
あれは素晴らしい!!

No:116 2010/06/17 21:25 | Toru Takamiya #- URL [ 編集 ]

manaさん

壮大なスケールに対比して、光の量が格段に少ない。
だからこそ凝縮された光を感じることができます。
日本のお寺や町屋などにも、同じような光が訪れます。
素晴らしい建築にだけ許された光なのかもしれませんね。

No:117 2010/06/17 21:39 | Toru Takamiya #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。