スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

おつかれさま全日本

パラグアイ戦から2日経とうとしています。
PK戦を思い出すと、あの緊張がよみがえります。

テレビを見ながら、PKを蹴る選手の一人に自分を置き換えてみました。
とてもとても蹴れるもんじゃありません。

想像しただけで、膝が震えるし、腰の力が抜けそうでした。
駒野選手は外してしまったけれど、蹴れるということはとても素晴らしいことだと思いました。

94年のアメリカ大会決勝で当時のイタリアのエース、ロベルト・バッジョはPKを外して優勝を逃しました。
そして、バッジョは言いました。

「PKを外すことができるのは、PKを蹴る勇気を持った者だけだ。」と・・・。
まさにその通りです。



パラグアイ戦の夜、こんな夢を見ました。
日本に帰ってきて間もない、遠藤選手と松井選手を居酒屋に呼び出して、おつかれ会をしていました。

私は、「よくやったと思うよ。とりあえずオツカレさんということで・・・。」
と、何故か先輩面をして2人の肩を叩いていました。

この日はこういう夢は見たくなかった・・・。
彼らに貰ったものは大きいけど、労いの言葉を掛けるなど、身の程知らずもいいところではないか。

夢にはその人の心理状態が写ると言います。
朝目覚めて、なんかモヤモヤした気持ちになりました・・・。


いや~遠藤くん(サン)、松井くん(サン)、そして他のメンバー(のミナサマ)オツカレ!!・・・サマデシタ。

おつかれ会
<居酒屋にて>




ブログランキングに参加中です。
読み終わったら1クリックのご協力お願いします★




スポンサーサイト

テーマ : アフリカ - ジャンル : 海外情報

2010/07/01 20:01 | 未分類COMMENT(1)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

駒野がはずした時、同じことを思いましたわ

No:120 2010/07/03 08:38 | バスキア #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。