スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

ブリオン・ベガ墓地 =Brion-Vega=

ヴェネツィア近郊のトレヴィソという町にある、ブリオン家のお墓。
設計はカルロ・スカルパ。愛すべきイタリアの建築家です。


ブリオン・ベガ墓地5


なかなか観光客には行きにくい場所かもしれませんが、特に建物が好きな方は是非行ってもらいたい場所です。

電車とバスを乗り継いで、ようやく辿り着くと、いかにもスカルパらしい建物が向かえてくれます。
コンクリートによる軽快かつ重厚な造形。


ブリオン・ベガ墓地3


天と地をひっくり返したとしても成り立つような建物です。
素材の重厚な感覚と、そこに入り混じる光の軽快さと崇高さが、とてもいいバランスで共存していました。


ブリオン・ベガ墓地8 ブリオン・ベガ墓地6


ブリオン・ベガ墓地2 ブリオン・ベガ墓地1


ここには、スカルパ自身も眠っています。
彼の息子がデザインしたお墓に眠っています。


ブリオン・ベガ墓地7
<スカルパのお墓>

スペインではガウディ、フランスではコルビュジェ、ドイツではグロピウスミース、偉大な建築家達に出会い、そしてイタリアではスカルパにも出会えた・・・。

時代が移り変わっていくうちに建築のスタイルも変わっていきます。
世界に名を馳せた彼らなら、時代が変わろうとも我が建築道を突き進むんだろうなと改めて思い、嬉しく思い頼もしくも思いました。

多くの建築学生が目指す建築家のありかたはこのようなものでしょう。
その目指すものの難しさに気付いて、知らない間に彼らを別次元の世界の人のように、ひとつの固有名詞のように言うようになります。

その部分だけを見ると悲しいことかも知れませんが、良い建築とは彼らが携わってきたもの以外にも多くあります。
彼らが完全に建築を極めたとも思いませんし、彼ら自身も晩年そのようなことは思わなかったに違いありません。

極めたと思わない限り、より良い建築を生み出し続けることができるのではないでしょうか。

自分の今までの行動を鑑みるに、300歳を超えたあたりで、彼らを超えることができると考えています


ブリオン・ベガ墓地4




ブログランキングに参加中です。
読み終わったら1クリックのご協力お願いします★






スポンサーサイト

テーマ : 建築デザイン - ジャンル : 学問・文化・芸術

2010/08/21 16:26 | イタリア建築COMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

文明の利器の力を忘れ、手から出てくるものを信じ
そこからはじめる!


現代建築はかつての建築ではなくなったのか!?
皆どこむいてる?
スカルパ、ガウディ、ミース、コル、アアルト、アスプルンド、カーン、バラガン等々の建築を見るといつも感じてしまう・・・・・・・・・・・

スペックに物言わすキョウビの建築はどうよ?
メディアもそう

そこに感動はあるのか?

感動が伴わない様なことが次世代またその次世代へと語り継がれるのか?

みんなどう思います?

No:126 2010/08/21 21:20 | バスキア #- URL [ 編集 ]

さすが、バスキアさんらしいコメント!
感動・・・まさに人の心に衝撃を与えないものは、心に残らないので、引き継がれないでしょう。
心に残らないものは、必要がなくなれば、新しいものに取って変わられますよね。

No:128 2010/08/23 20:47 | Toru Takamiya #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。