スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

ヴェネツィア最後の日 =ultimo giorno di Venezia=

前回のつづき。

ヴェネツィア最終日、ユースホステルの宴に参加した私。
明日の始発のバスのことなど、忘れてしまいました。

・・・ワインをたらふく飲み・・・ワインをたらふく飲み・・・赤ワインをたらふく呑み・・・

そして、部屋にもどり酔ったまま気持ちよく眠りにつきました。
案の定、寝坊

A.M.4:30のアラームに気付かず、かろうじでA.M.5:15に起床。
まず、水上バスの始発(A.M.5:05)に間に合いませんから、おのずとバスターミナルのバスにも間に合いません。

しかし、いくら格安航空券だからといって、ミスミス乗り過ごすわけにはいきません。
A.M.5:25の水上バスに飛び乗り、ヴェネツィア中心のバスターミナルを目指します。


ヴェネツィア最後の日1


バスターミナルでバスの時刻を確認したところ、ローマ行きの飛行機の出発時刻に間に合いません。
こんなときも今までなんとかなっていたのに・・・周りを見渡しても早朝なので誰もいません・・・。

と、思ったら・・・1台のタクシーが。
仕方ありません。高いのを覚悟で、運転手に話かけました。

私「ヴェネツィア・トレヴィーゾ空港までいくらですか
運転手「30ユーロやな。」

さっ、30・・・。(当時のレートで約5000円。)

航空券と時間の無駄を考えて・・・タクシーを利用することにしました。
5000円くらい・・・自分が寝坊した罰としては安いもんだと言い聞かせながら、半分ほっとした気持ちでタクシーの車内で、ベネツィアでの出来事を思い起こしながら、空港までの時間を過ごしました。

まもなくして空港に到着。
十分過ぎるほど早く着きました。

・・・
・・・
「おいっ!!ここヴェネツィア・テッセラ空港やん!!」
「ヴェネツィア・トレヴィーゾ空港って言ったやん!!」
「地図まで見せたやろ!?」

タクシーの運転手は「さぁ~?」っていうような素振りを見せています。
「さぁ~?じゃなくて、トレヴィーゾやって!!」

・・・

トレヴィーゾ空港に到着・・・。

運転手「70ユーロね。」
「はぁ?30ユーロやろ!?」
運転手「テッセラなら30。トレヴィーゾなら70。」
このフレーズを聞いて、「タニでもキン。ママでもキン。」という言葉がシンクロしました。
「なに冷静にゆうてんねん!」
「最初からトレヴィーゾってゆうてるやろ!?」

しばらく、押し問答が続きました。
飛行機の出発の時刻が近づいています。

運転手「30ユーロやったら、もう一度もとの場所に戻るで!」
「戻ってどーすんねん!それはそれでお互い無駄やろ!」

もう時間がないので、70ユーロ支払いました。
「タクシー運転手やめちまえっ!!」・・・と、そんなスラングは知らないので、心の中でシャウトしました・・・。

飛行機には間に合いましたが、とてもイヤな思い出を最後に作ってしまいました。

しかし、後から冷静に調べるとテッセラ空港までは15kmほど、トレヴィーゾまでは30kmほどの距離がありました。
日本のタクシー料金と比べても妥当な料金のような気がしました。

タクシーの運転手のほうが、早朝から東洋人にからまれて辛かったのでは・・・と少し反省するところもありました。
ひとつ自分にとって救いだったことは、別れ際のシャウトが心の中であったことです。


ヴェネツィア最後の日2



ブログランキングに参加中です。
読み終わったら1クリックのご協力お願いします★






スポンサーサイト

テーマ : イタリア - ジャンル : 海外情報

2010/09/24 20:21 | イタリア旅行COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。