スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

パラッツォ =Palazzo=

引き続きローマの建築物です。
パラッツォ=宮殿のような大きな建物。

もともと貴族、王族たちなどの為に建てられたもので、現在は公共機関に使用されているものが多い。
この建物は現在フランス大使館となっている、パラッツォ・ファルネーゼ


パラッツォ・ファルネーゼ


1580年ごろに竣工。
小破風と窓回りの柱の連続が古典性を強調しています。

正面中央のバルコニーはミケランジェロが設計しました。
規則正しく、厳格なイメージで、正面中央の主入口兼バルコニーが、全てを統率しています。
壁面に沿って、一般の人が座れるようになっているのが、にくいっ!!




次はパラッツォ・デッラ・カンチェッレリーア
教皇庁の司法機関として使用された、ローマの初期ルネサンスの代表作。1513年頃竣工。


パラッツォ・デッラ・カンチェッレリーア



そして、パラッツォ・マッシモ


パラッツォ・マッシモ2


通りに沿って湾曲したファサードで、ポルティコがアクセントを作り・・・、

ポ、ポルティコ!?

同僚ヒロシ 「ポルティコって何でしたっけ?」「なんかヒント出してくださいよ。」

「そうやな~伏見稲荷大社の千本鳥居は、ある意味ポルティコやな。」

「法隆寺のポルティコは力強いな~。」

同僚ヒロシ 「場所のことですかね?こんどはボクから質問します。」

同僚ヒロシ 「○○邸にポルティコはありますかね?」

「一般家庭にポルティコは、ほとんどないよ。あるとしたら結構な金持ちかな。」

同僚ヒロシ 「明石海峡大橋を上から見るのと、下から見るのとではどっちがポルティコですかね。」

「ヒロシよ、ポルティコは基本、下やで。」

同僚ヒロシ 「アカン!わからへん!!」


ローマ噴水

ヒロシ!アウトー!!















ポルティコとは、
建物の玄関に導く、あるいは柱列として拡がるポーチであり、柱で支えられるか壁で囲まれた歩道上に屋根がある構造である。


パラッツォ・マッシモ




ブログランキングに参加中です。
読み終わったら1クリックのご協力お願いします★





スポンサーサイト

テーマ : 建築デザイン - ジャンル : 学問・文化・芸術

2011/03/03 21:56 | イタリア建築COMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

岡山西警察 磯崎新

No:164 2011/03/04 11:30 | バスキア #- URL [ 編集 ]

いや~、ポルティコすぎるでしょ!

No:165 2011/03/04 20:37 | Toru Takamiya #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。