スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

バーリ =BARI=

カセルタから無事に電車に乗ることができ、約4時間ほどだったでしょうか、ゆっくりとした車中での時間を過ごしました。

列車の中は6人席の個室で、みなそれぞれの目的地を目指してくつろいでいます。
やはり観光客は珍しいのか、いろんな人が話しかけてきます。

若者からお婆さんまで、自分主導で話してきます。
一番素晴らしかったのは、お年寄りが電車に乗る時や、降りる時に当たり前のように、まわりの若者が荷物を持ってあげたり、手を引いて誘導したりしている姿です。
そして、みんな初対面なのに、話しだすと止まりません。さすがイタリア。。。

私も隣に座ったお婆さんと話をしていました。
私は冴えないスペイン語ですが、なんとか伝わっているようないないような感じで、懲りずにお婆さんも会話を続けてくれました。

お婆さんが列車を降りるときに荷物を持ち、列車の降り口まで見送りに行きました。
お婆さんは「グラッツェ」「抱擁」をくれました。

特別な親切心とかではなく、みんな友達だと思えば普通なことなんだな。。。

若者とはスラング・イタリア語などのくだらない話をして盛り上がり。。。4時間があっと言う間に過ぎてバーリに到着です。


バーリ1


まずは宿探し、ナポリとかよりは少しくらい安いかなと思っていたら、安宿が見つかりません。
仕方なく決めたのが1泊50ユーロ・・・。高すぎるな・・・。

部屋に入って・・・天井も高すぎるな・・・。1人やしこういうのはいらんのよね。
階高を抑えて、もう一層階数増やして、少しでも室単価下げてくれたほうが嬉しいな。


バーリ2


夜も遅かったので、晩ご飯を食べるところも結構閉まっていました。
そして路地を歩いていると、一件の小さなレストランがありました。

ノンゲストで、店員は男性のみ。
パスタを頼んで・・・「めっちゃうまい!!!」

パスタのソースのパンに絡めて食べていたら、
ジャン・レノ似の店員がバスタ皿を下げようとしました。
「ちょいっ!ちょっと待って!!今パンと一緒に食べてるから!」
「はははは、冗談冗談!」と楽しそうにジャン・レノが戯れてきます。

全体的に緩いなぁ~、楽しいなぁ~という感じで、イタリア観を一番堪能した日かもしれません。


バーリ3




ブログランキングに参加中です。
読み終わったら1クリックのご協力お願いします★





スポンサーサイト

テーマ : 海外旅行記 - ジャンル : 海外情報

2011/05/12 06:20 | イタリア旅行COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。