スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

アブシンベル神殿 =ABU SIMBEL=

引き渡し物件が2棟ありバタバタしていたので、なかなかブログを書けませんでした。。。

なかなか旅行話が終わらないどうしましょう。
もう帰ってきてからだいぶ経つのに。。。

今回は世界遺産創設のきっかけとなった建物、アブシンベル神殿についてです。
4体の巨大なラムセス2世が座っている岩窟神殿で知られています。

1960年代ナイル川にアスワン・ハイ・ダムを建設することになり、水没の危機にさらされたアブシンベル神殿


アブシンベル神殿
<このダムによってできた湖の底に沈んでいたかもしれない>


国際的な救助活動によって高低差60m水平距離210m移設させて、この危機を脱しました。
そして、遺跡や自然を保護する世界遺産登録が始まったのです。

早朝5時頃にアスワンのホテルを出発し、アブシンベル神殿を目指しました。
闇の静寂を切り裂くかのような轟音をたてて、私たちを乗せたミニバス(トヨタハイエース)は走りました。

しばらく走っているうちに、うっすらと辺りが明るくなってきました。
日の出です。


アブシンベル神殿


それまで周りが暗すぎてはっきりと分かりませんでしたが、砂漠の中を走行していたのです。
なんの障害物もない、ここまでシンプルな日の出を見たのは初めてでした。


アブシンベル神殿


少し眠ったかな。。。4時間か5時間か経っていたと思います。
アブシンベル神殿に到着。
アブシンベル神殿どんなもんかな?


アブシンベル神殿
<アブシンベル大神殿>

アブシンベル神殿
<アブシンベル小神殿>


デカイ!!!
元前1250年頃に建造されたとは思えません。
幅約40m高さ約35m奥行約65m
ラムセス2世像の高さは約20m


アブシンベル神殿


奈良の大仏さんの座高は16mなので、大仏さんが椅子に座わるか、ラムセス2世が座禅を組むかすれば同じ高さになると思います。
巨大な像は世界にたくさんありますが、実際に存在した人間でここまで大きな像が残っているのは、ほとんどないのではないでしょうか?

中央から中に入るのですが、
内部はどうなっているのでしょう?
とても楽しみです。
みなさんにも最後にほんの少しだけお見せしましょう。





















アブシンベル神殿










ブログランキングに参加中です。
読み終わったら1クリックのご協力お願いします★






スポンサーサイト

テーマ : 建築デザイン - ジャンル : 学問・文化・芸術

2011/09/12 21:33 | エジプト建築COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。