スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

ギザの大ピラミッド =GREAT PYRAMID OF GIZA=

世界の七不思議で唯一現存する建造物。
そのクフ王のピラミッドは、高さ約147m、紀元前2540年頃(今から4550年前)に20年以上かけて築造されたと推定されています。


ギザの大ピラミッド
<大スフィンクスとカフラー王のピラミッド>


平均2.5tの石材を約280万個積み上げられたとも計算されています。
底辺は約230m、高さとの比は黄金比となっています。

最も驚くべきことは、建造物の精度です。
方位に対する誤差が大きいところで約0.09°で底辺の誤差は約20cmということです。


ギザの大ピラミッド
<クフ王のピラミッド>


私はこの場所へ、正面ゲートからではなく、裏口から入ることになりました。
タクシーにギザのピラミッドまでお願いしたら、裏口に到着。

エジプトではありがちなことです。
ここで仲間にラクダツアーとかなんとかを売りこませるのです。

仕方がないので、さんざん粘って値段を下げ続けました。そして裏口からラクダで入ることになったのです。
裏口から入ってしばらくすると、馬に乗った警官が近寄ってきて、私のラクダを引く男が罰金のようなものを取られていました。

正規の入り方じゃないのね・・・とそこで気付きました。
そして男は、私に罰金代を払えと訴えています。
なんでやねん。


ギザの大ピラミッド
<正面ゲート(こっちから入ることをお勧めします)>


エジプトは気が休まりません。
しかしピラミッドが視界に入った時は、そんなことはどうでもよくなりました。


ギザの大ピラミッド


そして、この偉大な建造物の中を見学することができます。
カメラは入口で係の人に預けなくてはなりません。


ギザの大ピラミッド


私が訪れた時はタイミングがよく、ピラミッドの中には誰も見学者がいませんでした。
うす暗く狭い上昇通路を昇り続け、王の間を目指します。

これだけ大きな建物なのに、内部の空間はほんのわずかです。
とても贅沢な建物。
まだ発見されていない部屋もあるのかもしれません。

なんとも静かな気持ちになり、昇ってきた通路を降りていると、最後の段で足を滑らせました。。。
上の方で足を滑らせたら大変なことになっていたかもしれません。
他に見学客もいませんし。

恐ろしや、でも素晴らしきかな。

するとエジプト人が近づいてきて、日本の1000円札を私に差し出してきました。
日本円は使わないから両替してほしいというお願いです。

いくらでか尋ねると、著しく為替相場を下回った金額でした。。。
恐ろしや、様々なエジプトの手口。


ギザの大ピラミッド





ブログランキングに参加中です。
読み終わったら1クリックのご協力お願いします★








スポンサーサイト

テーマ : 建築デザイン - ジャンル : 学問・文化・芸術

2011/10/14 21:00 | エジプト建築COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。