スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

サラーハ・アル・ディーンのシタデル

アイユーブ朝の創始者サラーハ・アル・ディーンが1183年に築いた城塞。

このシタデルから眺めるカイロの街はまるで隆起した砂漠のようです。
ほぼ同色の土色で統一されています。


サラーハ・アル・ディーンのシタデル


カイロ市の人口は約680万人で、わが神戸市の約4.5倍の人口です。
アフリカで一番人口の多い街でもあります。


サラーハ・アル・ディーンのシタデル


このシタデルはメガシティを眼下におさめることのできる、とても贅沢な場所でもあります。
7世紀ごろから中心となり栄えたこの町には、今も尚エネルギーが満ちています。

そしてこの街を特徴付けているイスラム教も、私たちのとってあまり馴染みがなく、
ある種違う力のようにも見えました。

仏教やキリスト教は私たちの身近にありながら、特殊性を感じないのは慣れているからではなく、
政教分離によって、政治と宗教が密接に関わらないようになっているからです。

イスラム教ではコーラン(聖書のようなもの)に従って裁かれ、生活ルールもこれにより定められています。
1日5回の礼拝などもこれに含まれます。

このシタデル内には、ムハンマド・アリ・モスクがあります。
モスクとはイスラム教徒が礼拝を行う場所という意味があります。


サラーハ・アル・ディーンのシタデル


モスクに入るとより深いイスラム世界へ導かれるでしょう。





ブログランキングに参加中です。
読み終わったら1クリックのご協力お願いします★





スポンサーサイト

テーマ : 海外旅行記 - ジャンル : 海外情報

2011/11/17 20:12 | エジプト旅行COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。