スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

ムハンマド・アリ・モスク

シタデル内にある一番目を引く建物が、ムハンマド・アリ・モスクです。
このモスクは、19世紀の半ばに建てられた、比較的新しい建物です。


ムハンマド・アリ・モスク


内・外壁にアラバスターを使用していることから別名アラバスター・モスクと呼ばれています。
アラバスターとは、雪花石膏と呼ばれる白く美しい石で、古代彫刻品によく使用される。

アラバスターの硬さは、鉱物の硬さの基準となる、モース硬度でいうと2にあたり、爪で傷をつけられるほど柔らかい石です。
(爪の硬度は2.5らしい)
地球上で最も硬いのはお馴染みダイヤモンド。硬度は10。

モスクは基本、回廊で囲まれた中庭と、礼拝を行う場所とで構成されています。
そして、ここの中庭の塔に付けられた時計は、ルクソール神殿のオベリスクをフランスに贈ったお返しの品です。
贈られてきてすぐに壊れたそうですが。。。


ムハンマド・アリ・モスク
<中庭>


建物の中に入ると、高い天井と礼拝を行うイスラム教徒、宙に吊り下げられた照明が印象的です。
この吊り下げられた照明は、様々なモスクで見ることができ、非常に美しいものでした。


ムハンマド・アリ・モスク

ムハンマド・アリ・モスク
<礼拝中>


日本で初めて建設されたモスクは、私たちが住む神戸にあります。
神戸ムスリムモスク→ http://www.kobemosque.info/jp/top.html#

1935年に竹中工務店の施工により建築され、神戸大空襲や阪神淡路大震災に耐え、現存するに至っています。
「月出づる国」に預言者ムハンマドが最初に建てたモスクがメディナの「Koba:Quba」クバー・モスクというもので、
「日出づる国」最初のモスクが「Kobe」コーべ・モスクという、偶然の類似にも驚きです。

何か新しいものを知るとき、その背景にはとても多くの新しい発見があり、
新しい繋がりに出会うことができます。





ブログランキングに参加しています。
読み終わったら押してくださいね。






スポンサーサイト

テーマ : 建築デザイン - ジャンル : 学問・文化・芸術

2011/11/27 23:07 | エジプト建築COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。