スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

ポルト 2 =Porto 2=

坂道を登り続けてようやく橋の上に着きました。
この橋には路面電車が通っていました。
なるほど、ドウロ川の対岸とを行き来するための大事な交通機関なのです。

ポルト7

目の前に思い描いていた景色が広がりました。
これです。これを見たかったのです。

ポルト2

川から緩やかに傾斜していく、オレンジ色の丘・・・建築が風景を造るという典型的な絵です。
大自然の絶対的な美しさとはまた違った、人間の生活文化と長い年月と自然との無理のない融合を見たような気分です。

ポルト6

この景観を誰も壊そうとは思いもしないだろう。だから残っているんだろう。
大人達が子供にこの景色の大切さ、それに至った意味を代々受け継いでいるのだと感じました。
それほどの感動でした。


「グレートな景色だね、アイスマン。」


・・・「なっ何~っ!!」

ポルト5

お疲れの様子でした。アイスマンにとっては自国と比べてそんなに美しい景色でもないのか、それとも鈍感なのか。
前者であってほしい・・・。

そうこうするうちに時間は経ち、アイスマンは帰らないといけない時間になりました。
アイスマンはボクとは違うバルセロナ行きの飛行機なので、この日のうちにリスボンに戻っておかないといけません。
とりあえずユースホステルに荷物を置いているので、取りに行くことにしました。

がしかし、ユースホステル周辺行きのバス停がなかなか見つかりません。
次第に時間がなくなっていき、アイスマンも苛立ち始めました。その間も人に聞きながらようやくバス停を見つけたボクは、アイスマンを連れて行きました。

「本当にここで合っているのか?もう時間がない。」などと言ってきました。
「合ってると思うで。(いやいやアナタのために探したのに、その疑いはなんですか?)」と、若干イラっとしながら答えました。

それに気付いたのか、不穏な空気が流れはじめました。
ようやくバスが来て、乗り込みました。

そしてその途中で、アイスマンがバスから見える景色の中の時計を見て、
「うわっ!間に合わないじゃないか!」と言いました。
ボクも自分の時計を確認しました。外の時計が1時間早く進んでいました。
「大丈夫。あの時計は時間がズレてるだけやわ。」「まだ十分間に合うで。」と答えましたが・・・。

アイスマン:「スペインとポルトガルは時差が1時間あるから間違えてるんじゃないの?」
ボク:「ちゃんと、合わせてるから大丈夫やって。」
アイスマン:「いや、でも、あの時計ちょうど1時間早かったし・・・。」
ボク:「合うてるゆうてるやん!」「それにスペインの方が1時間早いやろ。」
(時計を合わせていなかったらボクの時計の方が1時間早いなずです。)

ホンマこいつって感じです。

ユースホステルの時計を見てようやくボクへの疑惑が解けたらしく、
「アイム・ソーリー・・・おれが悪かったよ。最後の日にこんな感じになって本当にアイム・ソーリー・・・。」アイスマンはしょんぼりとしていました。

ほんまアイム・ソーリーちゃうで。たのむわっていう思いで応じました。

「じゃあ、またバルセロナで。」と、二人は別れました。



後日、彼とは前以上に仲良くなりました。
一緒に長い時間を過ごして、お互いの感覚が前より深く理解できたのだと思います。
そうやって友達と仲良くなっていくことを、シンプルに再認識できました。
IMG_2794_convert_20090620110925.jpg

少しだけ空を飛べる気がしました。


スポンサーサイト

テーマ : 建築デザイン - ジャンル : 学問・文化・芸術

2009/06/20 11:33 | ポルトガル建築COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。