スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

大塚国際美術館

徳島県鳴門市まで行ってまいりました。
その目的のひとつが、大塚国際美術館です。


大塚国際美術館


大塚国際美術館


大塚グループ(大塚製薬など)が設立した巨大な美術館です。
ここには、世界25ヵ国190余の美術館が所蔵する古代壁画から現代美術まで1000点以上の作品が収蔵されています。

ピカソのゲルニカもここで見ることができます。
お分かりのとおり、すべてはレプリカです。
しかし面白いのが、その全ての作品が原寸大であり、陶板美術です。

陶板美術とは、原画を陶板に転写して焼成するというものです。
これらの手法は2000年経っても色あせしないということから、
貴重な文化財の記録保存に大きく貢献するのではないでしょうか。

先に書いたピカソのゲルニカについては、息子のクロード・ピカソさんが検品されたそうです。

正直なところ、レプリカであり、しかも素材が違うものに良さを感じるのだろうかと不安でしたが、
実際目にするとなんの違和感もなく見ることができました。
少し大袈裟かもしれませんが、展示内容を考えると
ルーブル美術館より贅沢な美術館かもしれません。

ルーブル美術館と共通する点は・・・
広すぎて、しんどいということです。。。
閉館まで居ましたが、最後の方は集中力が切れて、ほんとに見るだけという作業になります。
美術に興味がある方なら、大塚国際美術館は2日間、ルーブル美術館は3日間必要だと思います。

それでは、一部ですが陶板名画をご覧ください。
(美術館内部は全て写真撮影可能です。)


大塚国際美術館

大塚国際美術館

大塚国際美術館

大塚国際美術館

大塚国際美術館

大塚国際美術館

大塚国際美術館

大塚国際美術館

大塚国際美術館

大塚国際美術館

大塚国際美術館

大塚国際美術館


豪華絢爛です!!!




ブログランキングに参加しています。
読み終わったら押してくださいね。






スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

2012/05/06 19:33 | 日記COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。