スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

真の丸を求めて

昨晩、事務所の封筒の仕上げを行いました。
仕上げって何?

封筒の印刷を依頼すると、白黒かカラーかで、金額が倍ほど違います。
一箇所だけ色を加えたいだけなので、倍の金額を払うのは割に合いません。

GranDesignの点の部分だけ濃いピンクにしたかったので、その点を消して白黒で印刷依頼をかけました。

の点の部分を丸いスタンプで押せばいいかなと考えていましたが、丁度いい大きさの丸はそう都合よくないものです。

家に持ち帰り、いろんな丸を試しました。

・爪楊枝
・お箸
・釘の頭
・ペンの後ろ
・ペン(これはスタンプではない…)
・綿棒


上から順に試しました。
そして辿りつきました真の丸に。。。


真の丸をもとめて


綿棒・・・スタンプをした時に最も真円に近く、そして柔らかく優しい。
そして、綿をむしることで、円の大きさも調節できます。
(お箸も綺麗でしたが、大きさ調整できず・・・)


真の丸をもとめて


綿棒に新たな機能が加わりました。
文具コーナーにおかれる日も遠くないでしょう。

もし、この封筒がお手元に届いた際には、
この綿棒の優しげな丸をじっくりご覧ください。






ブログランキングに参加しています。
読み終わったら押してくださいね。





スポンサーサイト

テーマ : 建築デザイン - ジャンル : 学問・文化・芸術

2012/05/30 21:30 | 日記COMMENT(1)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

No:197 2012/08/10 10:51 | # [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。