スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

バルセロナ・パビリオン

1929年のバルセロナ万博時にドイツの巨匠、ミース・ファン・デル・ローエにより設計された建物。


バルセロナ・パビリオン


プラサ・エスパーニャのそばに建っています。

一目見るだけで美しいと感じてしまうほど、洗練された建物です。

屋根、壁、柱、ガラス、床・・・全部見えますね。
すごいバランスです。


バルセロナ・パビリオン

バルセロナ・パビリオン


屋根と大理石の床の間に、壁と柱とガラスが挟まれているように見えます。
屋根を支えているいうようには見えません。
実際その前に立つと、重力を失ったように感じました。

8本のスチールの柱は、より細く見えるように十字の形をしています。
壁は天井と床の白さに反して、存在を抑えるような濃い色の大理石で構成されています。


バルセロナ・パビリオン


省エネルギー性の高い建築物かといえば、当然NOでしょう。
ミースが環境先進国である現在のドイツに生きていたなら、どのような建築をしたでしょうか?

今は、美しいだけで良いという時代ではありません。
ですが、この美しさは引き継ぐべきものであると思います。

物理的に快適に暮らすということも大切です。
そして芸術的快楽を備えることは、大変難しいことですが、
その追求こそ建築家の最も大きな仕事であると思います。


バルセロナ・パビリオン


本棚に「ミース・ファン・デル・ローエの戦場」という本が置かれています。
これはかなり昔に買った本ですが、冒頭から読みづらくて、
ほとんど読まずにおかれています。。。

読まなくてはなりませんね。。。という締めで終わりたいのですが、
たぶんもうしばらく読まないと思います。

追求の過程で読むべき時がくれば、おのずと読むでしょう。


バルセロナ・パビリオン



ブログランキングに参加しています。
読み終わったら押してくださいね。






スポンサーサイト

テーマ : 建築デザイン - ジャンル : 学問・文化・芸術

2012/10/18 20:21 | スペイン建築COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。