スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

ベルサイユ宮殿 1 =Chateau de Versailles 1=

シャンゼリゼ通りを堪能したあと、ユースホステルの近くで夕食をとることにしました。
そこで明日行く場所を考えながらご飯をいただきます。

PC260187_convert_20090625143813.jpg

PC260182_convert_20090625143750.jpg

時間が遅かったので、店はボク一人でした。
店員の人も、フランス語で話かけてきます。
3/4以上分かりませんが、なんとか相手が言っていることを読み取ろうと頑張りました。
だいたい状況を考えながら、聞いているとなんとなく分かってきます。

こちらからも何か話題を振ろうと思って、明日行く場所のことを聞いてみました。
「ヴェルサイユ宮殿」・・・「宮殿?」・・・なんて言うんだろう?
「パレスかな?」
「明日ベルサイユ・パレスに行きます。どうやって行けばいいですか?」

「ヴェルサイユ・パレス?どこだいそれは?」と店員が言いました。
ヴェルサイユだけで通じると思ったのに、残念です。
まあ確かに「京都御所どこですか?」というのを「京都○※△どこですか?」と聞いているようなもんです。

写真を見せました。すると、「おぉーシャトー・ベルサイユね!!」店員のテンションが上がりました。
「そうそうシャトー・ベルサイユです!!」ボクもテンションが上がってきました。
「行ったことないからな~。どうやって行くんかな~。」店員のテンションが下がってきました。
「えっ!!マジで!?」

たしかにそうです。京都に住んでる時も、清水寺に行ったことのない京都出身の人がいました。
いつでも行けると思うと、行かなくなるものかもしれません。

「少し待ってよ。」と言われて、店員の状況を見ていました。
すると電話で知り合いに聞きはじめました。なんだか申し訳なくなってきました。
そしたらまた違う店員が寄って来て、二人で地図を見ながら、電話で聞いたりしています。
自分で調べれば多分すぐに分かると思うのに、話題作りのために軽く振ったのが、思わぬ展開になってしまいました。

「よし、これが一番いい行きかただろ。」
「ここで乗り換えて、ここの駅まで行って・・・。」

こんな見ず知らずの旅行者にここまで親切にしてくれるのは、スゴイことです。
メルシーボクーです。

PC270257_convert_20090625143831.jpg
<セーヌ川と夜景>


結局教えてもらったルートでは行きませんでした・・・。



スポンサーサイト

テーマ : 建築デザイン - ジャンル : 学問・文化・芸術

2009/06/25 14:42 | フランス建築COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。