スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

新鮮な感覚を求めて。。。枚方にて

5日間のお盆休みも残り1日となりました。

今日は枚方で、小学校の時の友人と会う約束をしていました。


新鮮な感覚を求めて。。。枚方にて
<京阪電車 なんかいい内装です>


とは言っても、小学校3年の時に私が神戸に引っ越して依頼ですから、
会う友人の一人は私のことを憶えていないということでした。
しかしながら、わざわざ時間を割いて会ってくれることになりました。

小学校の3年間のうち同じクラスになったのも1回か2回?
その時に引っ越した私を、27年の時を遡って思い出すのは難しいでしょうね。

去った側は、枚方の時の友人ということで、ひとつのカテゴリとして記憶に定着
させているから、記憶が曖昧になったとしてもある程度憶えていられるのだと思いました。

とても懐かしくとても良い時間を過ごすことができました。


枚方にはある程度の間隔で訪れていますが、なぜそんなに執着があるのか?
私が今までに居住したことのある、神戸京都バルセロナのような観光名所ではありませんし、
一般的には、ひらパーくらいの認知度ではないでしょうか。。。

過去を懐かしむため?
それも一部にはあると思いますが、私自身の中ですごく大事にしたい感覚のためです。

生まれも育ちも同じ若しくは近い場所におられる方の感覚は分かりませんが、
私にとって幼少期の何事も新鮮だった時期というものが、引っ越すことによって切り離されたような感覚があるのです。

その狭い地域の表層しか見ていなかった若年の時期で記憶が止まっているので、
より新鮮さが際立っているのかもしれません。

歳を重ねると心躍るようなことや、計り知れない恐怖心というものが、
経験や知識によってぼやけていきます。
それは生きていくうえで、より過酷な状況を乗り越えるのに必要なことだと思います。
より安全な方向へ楽な方向へ、ものごとを遂行することも可能になります。
ただそれは私にとっては、退屈と感じる部分もあるのです。

うまく表現できてませんが、
新鮮に思える感覚を持ち続けて、新鮮なものを生み出す。
それが私にとって最も大切な感覚です。

そのために枚方が、パワースポット(なんか安っぽいな。。。)、
フレッシュスポット(これも軽いな。。。)、
なんせ重要な場所となっています。

帰り京阪枚方市駅から電車に乗らず、枚方公園駅まで歩くことにしました。
枚方公園駅の間際にふと線路沿いを見ると、小高い場所にお寺がありました。


新鮮な感覚を求めて。。。枚方にて


そして少し寄って帰ることに。。。
「浄土宗 臺鏡寺」
このようなお寺があることを知りませんでした。


新鮮な感覚を求めて。。。枚方にて


このお寺について調べていると、とても興味深い言い伝えがありました。


新鮮な感覚を求めて。。。枚方にて
広報ひらかたWEB版(平成15年1月15日)より

とてもミステリアスな町です。





ブログランキングに参加しています。
読み終わったら押してくださいね。





スポンサーサイト

テーマ : 建築デザイン - ジャンル : 学問・文化・芸術

2013/08/18 01:36 | 日本建築COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。