スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

お昼休みに~箱木家住宅~

事務所から車で少し走ったところに、箱木家住宅という日本最古の木造住宅があります。
お昼ごはんを食べて、みんなで行ってきました。


お昼休みに~箱木家住宅~


ここを訪れるのは約10年ぶりです。
10年経って訪れても、やはりいいものです。


お昼休みに~箱木家住宅~


堂々とした茅葺きの佇まい。
優しい土壁の風合い。
むき出しの構造材。
建物を構成する上で必要なものが全て見えます。
無駄のない空間。


お昼休みに~箱木家住宅~


軒先が低く、目線も下がる、
部屋内に居ると自然に床へ座ることになる。
座ると目線が抜ける。


お昼休みに~箱木家住宅~


高さ方向の生活空間のあり方がよく分かります。
椅子に座る現在とは、高さの感覚が明らかに違うことがよく分かると思います。

床に座る=靴を脱ぐ
椅子に座る=靴を脱ぐ必要がない。

そのうちに当たり前だと思っていたものが、
生活スタイルの変化とともに、変わるかもしれません。

経年で変化するものとしないもの。
この空間を良いと思える、人々の心は変わらないでほしいと思います。


お昼休みに~箱木家住宅~




ブログランキングに参加しています。
読み終わったら押してくださいね。





スポンサーサイト

テーマ : 建築デザイン - ジャンル : 学問・文化・芸術

2013/11/02 19:00 | 日本建築COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。