スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

サグラダファミリア2 =La Sagrada Familia 2=

またまたサグラダファミリアです。
今回はその構造について。
従来石積みで建設されてきたのが、最近ではコンクリートを使用して、装飾を施した型枠を使用している。

P1010055_convert_20090528135134_convert_20090528141458.jpg
木のような柱
P1010054_convert_20090528135154_convert_20090528141444.jpg
装飾パーツ

正直、教会内部に入った瞬間に軽っと思ってしまった。
それは外観にも感じられるように、生誕のファサード(古い方)と受難のファサード(新しい方)では重量感がまるで違う。

P5110034_convert_20090528135257_convert_20090528141358.jpg
生誕のファサード
P5110033_convert_20090528135233_convert_20090528141428.jpg
受難のファサード


始めは後から造られた軽さがとてもイヤで、ガッカリもしたけど、毎日目にするうちに、これも世の中の流れが表れているんだなと思って、見方が変わってきた。
新築の物件でここまで、歴史の変動を感じれられるものはこの建物以外にないのではないだろうか。
だいたい中規模の木造住宅では5ヶ月ぐらい(ハウスメーカーはもっと早い)、15階建のマンションで、1年半足らず、サグラダファミリアは120年以上!!
もう建築物ではなくて、スペインの歴史的シンボルという意味で、永遠に完成しないでほしい。

終わりがない建築による建物は建築物というのだろうか?
オワリナキケンチクブツ→オブツ
これからはサグラダファミリアのことをこう呼ぶことにしよう!!(ウソです。。)

いや熱いっ!!

スポンサーサイト

テーマ : 建築デザイン - ジャンル : 学問・文化・芸術

タグ : バルセロナ建築

2009/05/28 14:22 | スペイン建築COMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

勉強になります。
試験頑張って下さい

No:3 2009/05/28 19:31 | ゾロ #- URL [ 編集 ]

やっぱりバルセロナはすげーなー。もう一度行きたくなりました。

No:4 2009/05/28 22:01 | ウソップ #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。