スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

八幡市の家 (内観イメージ)

建物の完了検査がありました。

工事が終わりに近づくと、いろんなことを思い出します。
そこで建物の計画段階の時の内観イメージ(CGパース)を久しぶりに見てみました。

Y邸2
<玄関のCG>
Y邸5
<玄関の実物写真>



Y邸4
<リビングのCG>
Y邸1
<リビングの実物写真>

若干の違いはあるけれども、ほぼほぼ同じです。
便利な世の中になりました。
建物が建つ前にここまで、明確にイメージできてしまうと、なんか楽しみが半減してしまいそうですが、やはり実際に出来上がったのを見ると、「おぉ~!」と思います。

それは実際に造るために、工務店の方や、大工さんたちの苦労が感じられるからでしょうね。
それとお客さんによろこんでもらえたのが一番のよろこびになります。

仕事の上で、CGパースを利用することがたまにありますが、これを活用しすぎると想像力が衰えていくような気がして恐いです。
「皆既日食」のように徐々に黒く削られていくような・・・。(一応、今日の話題と掛けときました。)

だから、そのCGを造るまでの過程のアナログな部分をより大切にしようと思います。
先にCGを作って、それに手を加えるということだけは、避けたいです。

このお家のご主人はボクと同じ歳です。
それなのにすごく懐の深さを感じます。これが、一国一城の主の風格なのでしょうか?



ボクも、次の「皆既日食」の時までには・・・。

Y邸とぼく




スポンサーサイト

テーマ : 建築デザイン - ジャンル : 学問・文化・芸術

2009/07/22 21:16 | 新築物件COMMENT(1)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

CGパースもこれ以上精度を上げると
お客さんの脳にイメージとして焼き付いてしまいそうですよね。
そして焼きついたイメージが更に見えないものまで見せてしまいそうで・・・。
図面を扱うお仕事をされている人ならあくまで図面が真実であってCGは参考程度って感じると思うんですが一般のお客さんやお施主さんにとっては一度イメージとして見てしまった"絵"が真実になりそうで・・・。
もちろんCGも寸法どおりに造ってはると思うのですが光の塩梅や手触りなんかの微妙な空気感はそのあたりを把握している設計士さんの頭の中のみぞ知るって感じですよね
そういう意味で視覚情報というものは怖いものだなぁ~と思いますた。
で、このパース一枚つくるのにどれくらい時間かかってるんでしょうか??
それとも家一軒CGで作って撮影してはるのかな?

No:32 2009/07/22 22:51 | たまねぎ講師 #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。