スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

アリアーネ・フリードリヒ

久しぶりに鳥肌がたちました。
ベルリン世界陸上、女子走り高飛び決勝
大会開始前から、ブラシッチVSフリードリヒ
クロアチアのブランカ・ブラシッチとドイツのフリードリヒの戦いがありました。

ブラシッチは前回大会の覇者で、フリードリヒは遅咲きの新星です。
フリードリヒはとても特徴的な容姿で、観客を楽しませてくれます。

アニメが大好きで、特に「セーラームーン」が好きだそうです。

これを飛ばなければ、メダルすら危ういという状況の中、フリードリヒは3回のジャンプのうち、2回を失敗。
残り1回しかないという状況で、集中力を高めるために、7万人の観客を黙らせました。

唇に人差し指を当てて・・・その瞬間観客は黙り、静寂に包まれました。
手拍子を促す競技者は多くいますが、客を黙らすのはあまり見ません。

静寂の中、ラストチャンスという状況で、地元ドイツの観客達に見守られて、ものすごいプレッシャーだと思います。

広い競技場の中、全員が黙り、彼女を見つめます。
自分に何かを言い聞かすように呟きながら、静かに助走をスタート。

バーに対して斜めに、体をねじるようにして、ジャンプ・・・静寂の中、彼女の体が宙に浮いて止まっているようでした。

綺麗な曲線を描いて、背中からマットに着地・・・バーは落ちていません。

その瞬間、静寂が吹き飛ぶような、大歓声

「静から動」というよりも、「静から爆」といった感じです

世界陸上5

同じくその瞬間テレビの前で、鳥肌を抑えながら、ガッツポーズしました。
特に応援していたわけではありませんが、この瞬間一気に彼女のファンになりました。

尋常じゃない集中力、そしてカリスマ性、すばらしすぎます熱すぎます
ボルトの100m、200mの世界新記録の何倍も衝撃的な瞬間でした。

結果、彼女は銅メダルでしたが、あんな瞬間(映像)を造り出した彼女にアカデミー賞を送りたいです。
なかなか映画でもあんな瞬間は造れませんよ。

世界陸上6
「いや~優勝できなくて、すんまそん」って感じです。とてもいい写真です。





スポンサーサイト

テーマ : アート - ジャンル : 学問・文化・芸術

タグ : ベルリン世界陸上

2009/08/22 10:47 | 未分類COMMENT(1)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

実際はあの写真 「いや~優勝できなくて、すんまそん」 じゃなくて、「ぷぷっ、うどん橋って!」 やと思うで。

No:53 2009/08/23 15:38 | ユージオダ #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。