スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

日生劇場 1

東京滞在の最終日に日比谷にある日本生命の劇場「日生劇場」へ行きたいと思いました。
前々から行ってみたかったのですが、予約が取れずに中々入ることができませんでした。

日生劇場3

今回もこの東京に来る1ヶ月ほど前から、チケットを購入しようとしましたが、満席でダメでした・・・。
「ジェーン・エア」という公演をやっていました。

主演は松たか子さんでした。
チケット購入は諦めました・・・。

でも、なんとかして中に入れないかと思って、ダメ元で見学のお願いをしてみました。
すると、偶然にも他の人が見学の予約をしていて、それに便乗させてもらえることになりました。

何でも言ってみるもんですね。
何故、この建物にこだわるのか

この建物は日本を代表した建築家、村野藤吾さんによって設計されました。
中を見ると、その意味は分かると思います。

1963年に開演したこの劇場は、当初の姿をほぼそのまま残しています。
村野藤吾さん亡き今でも、MURANO designの許可がないと、勝手に建物の一部でも変更することはできないみたいです。

ゴミ箱ひとつでも勝手には変更できません。
座席案内図の各色に至るまで、許可がないと変更できないそうです。

では中に入ってみましょう。

日生劇場2
<エントランス>

日生劇場1
<エントランス正面のガラスの光壁>

日生劇場4
<階段:鉄板に踏み板を溶接して造ってあるが、一体整形のように見せるため、繋ぎ目が分からないようにしています。>

次回につづく・・・。





スポンサーサイト

テーマ : 建築デザイン - ジャンル : 学問・文化・芸術

タグ : 東京建築

2009/09/20 23:56 | 日本建築COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。