スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

ポツダム広場 =Potsdamer Platz=

ベルリンのミッテ区にある、現代的な建物がそびえる広場です。

ポツダム広場2

ポツダム広場3

1930年頃までは大変栄えていました。
第2次世界大戦の空襲で多くの建物は破壊され、その後のドイツ東西冷戦の間に、このポツダム広場はただの空地となってしまいました・・・。

しかし1989年のベルリンの壁崩壊後、ベルリン市がこの地を見直し、土地を4つに分けて、それぞれディベロッパーに売却しました。

ベルリンの壁
<ベルリンの壁>

その中でも最も規模の大きい開発をダイムラー・ベンツが行い、そのマスタープランをレンゾ・ピアノが担当しました。

そしてその中のフォルクス銀行本店を磯崎新さんが設計したのです。
磯崎新さんと言えば、建築関係者ならほぼ100%知っていると思いますが、他の業種の方なら知らないという人も多くいるでしょう。
http://www.isozaki.co.jp/参照)

イタリアのユースホステルでドイツ人と一緒の部屋になったことがありましたが、その人に建築物を見てまわっていると伝えると、「アラタ・イソザキ知ってる」と聞いてきました。
思わず、「建築勉強してるの」と聞きました。

「建築は分からないけど、日本に興味があります。」と言っていました。
ドイツでは日本人はすごく丁寧に扱われているように思います。

他の国では、「日本スキでーす。」と言ってスキを狙っている・・・やつもいっぱいいるけど、ドイツ人のそれには本当に心がこもっているように感じました。

歩き疲れてユースホステルに帰ってくると、ドイツ人の英語に付き合わされます。
英語は非常に苦手なので、ほんとに疲れますが、親睦を深めようとしてくる姿勢を無視はできません。

ゲルマン「ドコニ スンデルノ
ボク「神戸シティです。」
ゲルマン「コーベシティ

(・・・知らんのですか日本に興味あるってゆうたやん。)

ボク「大きなアースクエイクがあった所です。」
ゲルマン「エ~ホントニ~

ボク「・・・大阪の隣らへんです。」

やはり大坂や京都には敵いません。
そんなこんなでゆっくり休みたいのに話は続いて、ようやく・・・

ゲルマン「ジャァ マタ アシタ
ボク「おやすみ。」

ようやく開放されました・・・。
さあ明日行く場所を調べよう・・・。

ゲルマン「アシタ ドコイクノ

もうえぇ~ってっ

どこの国でも、KYはキケンですね。

ポツダム広場1
<ポツダム広場で2番目に大きいソニーセンター>



スポンサーサイト

テーマ : 建築デザイン - ジャンル : 学問・文化・芸術

タグ : ベルリン建築

2009/10/06 20:14 | ドイツ建築COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。