スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

だまし絵

日曜日にだまし絵展に行ってきました。
兵庫県立美術館で展示を行っています。
http://www.artm.pref.hyogo.jp/damashie/

開館時間に合わせて行ったのですが、すでに駐車場は満車で、入場するにも人が並んでいる状態でした。
じっくり考えて見なければいけない絵もあるので、そういう絵がある所は人の渋滞になっていました。

だまし絵は公共の展示向きではないのかもしれませんね。
ゆっくりどうなっているのか考えたいので、本などでゆっくり見るほうが楽しいかもしれません。

でも立体的なだまし効果があるものは、実際に見るしかないので、来て良かったと思いました。
最後にだまし絵の本を買って描写手法などを読んでみると、それぞれの画家の情熱が伝わってくるようでした。

なんでこんなことに必死になれるんやろと思って、おもしろかったです。
果物を組み合わせて人の顔を表現するとか、絵がスゴイというより、その行為が笑えます。

でも、単純なようで普段思いつかないこともいっぱいあったので、いい刺激になりました。
ふと思いつく、しょうもないことが、未来を変える大発明になることだってあるのでしょう。

そこで・・・
マウリッツ・エッシャーにより描かれた「上昇と下降」という絵をモチーフに間取りを考えました。

だまし絵1
<昇り続けても、降り続けても、元の位置に戻ってしまうというダマシ絵>


下の絵は単身者で住むことを前提として考えた、1LDKの間取りです。
狭くて寂しいので、2階はないけど2階に上がるような気持ちになれる階段付きです。

だまし絵2
<1LDK+階段と坪庭付き>


仕事が終わって家に帰ってきたら、まずお風呂に入って、ビールとご飯をいただいて、さあ寝ようと2階へ上がる雰囲気を味わって、就寝・・・。
なんとも奥ゆかしい生活ができそうではありませんか

実際にこの階段を描いて見て分かったのですが、結構段数が必要になります。
そのせいで面積が大きくなるので、三宮駅徒歩10分で家賃15万円てところですね。

いかがでしょうか




スポンサーサイト

テーマ : art・芸術・美術 - ジャンル : 学問・文化・芸術

2009/10/14 21:18 | 未分類COMMENT(1)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

だまし絵

行って来ましたよv-14
なんといってもパトリックヒューズの水の都にはびっくりさせられましたv-17
なんだか、目がおかしくなったのか、ああいう手法をよく思いつき、
作品にできたな~と感心させられました。

ちかくに鳥取から中学生が修学旅行にきていましたが、皆、足をとめ、
ワイワイ騒いでいました。

管理者さんは、何がお気に入りでしたかv-236

No:66 2009/10/31 13:20 | またんご #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。