スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

ホロコースト慰霊追悼碑 =The Holocaust Memorial=

ブランデンブルク門から、すぐの所にあります。
高さをに変化のあるコンクリートの塊の間に均等な間隔の通路があります。
アメリカの建築家ピーター・アイゼンマンにより設計されました。

ホロコースト追悼碑1


「ホロコースト」とは大量殺戮という意味です。
ナチ政権により行われたユダヤ人の大量殺戮のことをさします。

世界で広く知られているこの事件ですが、このことを否定することもあるようです。
確実な証拠が残っていなかったり、というような理由などでそうなるようです。

ドイツをはじめとするヨーロッパ諸国では、ナチスの犯罪を否定、即ちホロコースト否定を行うことを刑法で禁じています。
この追悼碑がどのような表現の元このように計画されたのかは分かりませんが、深くて重い空間に立ち入った感じを受けました。

コンクリートがその重々しさをじっと蓄えているような感覚でした。

ホロコースト追悼碑2

ホロコースト追悼碑3




この追悼碑を見た後ですが、遅ればせながら「シンドラーのリスト」という映画を見ました。

オスカー・シンドラーというナチス党員がユダヤ人を救出するという、アカデミー賞7部門で受賞した名画です。
ぜひ機会があれば見てみてください。
いろんなことを感じると思います。



ホロコースト追悼碑4





読み終わったら押してくださいね。
押すとボクのブログのランキングが
上がるようになっているはずです・・・。




スポンサーサイト

テーマ : 建築デザイン - ジャンル : 学問・文化・芸術

タグ : ベルリン建築

2009/10/21 20:00 | ドイツ建築COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。