スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

コルンハウスとテルテンの集合住宅 =Kornhaus+Siedlung Torten=

バウハウス校舎とマイスターハウスの見学が終わって、次はこの近くにあるコルンハウスという所に行きます。
カール・フィガーという方の設計で同時期に建てられたものです。

お腹も空いてきました。14時頃です。
歩いて行くことにしましたが、結構遠いー

結局30分ぐらい歩いたでしょうかようやく建物が見えました。
この日は朝にベルリンでコーヒーとパンを一つ食べただけだったので、かなりこたえました。

コルンハウス2

コルンハウス1


お金のない旅で重宝したのが、コカコーラです。
どこでも、急速にカロリーチャージできるのでオススメです。


コルンハウス3

湾曲した階段を上がると、カフェがありました。
日中はおばさま達の溜まり場のようです。

コルンハウス4


この建物は今もカフェ、レストラン、ダンスホール等の用途で用いられています。

ウエイトレスさんが来たので、ケーキとコカコー・・・いやカプチーノを頼みました。
エルベ川も綺麗です・・・。

コルンハウス5


ケーキを食べたのは、ヨーロッパ滞在7ヶ月のうちで、この1回きりです。
実に堪能しました。。。

次の行き先は・・・一旦デッサウの駅に戻ります。
当然歩き・・・。

少しゆっくりし過ぎたようです。
次に行きたいテルテンジードルンク(テルテンの集合住宅)の中で唯一住居内を見学できる哲学者メンデルスゾーン記念館が閉まってしまいます。

こうなったらデッサウの駅からは路面電車です。
そして最寄駅で降りて、
ダッシュダーッシュダッシュ
キック アーンド ダッシュ


な~に~閉館
時間は確かに少し過ぎているけど、かなり前から閉まっているような・・・。

テルテンジードルンク


・・・いや、しかしこの集合住宅が80年以上前に建てられたとは思えないほど、綺麗です。
住人に愛されているのでしょうね。

最近流行りの「長期優良住宅」とは本当はこういうお家のことを指す言葉だと思います。

長持ちする住宅ではなく、長持ちさせてもらえる住宅を造らなくてはならない。
そう思います。



読み終わったら押してくださいね。
押すとボクのブログのランキングが
上がります。



スポンサーサイト

テーマ : 建築デザイン - ジャンル : 学問・文化・芸術

タグ : バウハウス

2009/11/06 21:33 | ドイツ建築COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。